ハードディスク復旧Q&Aサイト~GUNGI.COM~

ハードディスクの復旧についての悩みを解決するQAサイトです!

ハードディスクの寿命はどのくらい?

ハードディスクの寿命ってどれくらいかご存知ですか。意外と短いと感じる方が多いようなのですが、パソコンに限らず、電子機器のサイクルというのは非常に早く、スペックの大きいものや性能の高いものが次々に登場します。

買い替えの早い人は1年ぐらいで買い替えますし、7~8年使ってるという人は、非常に物持ちが良いといえるでしょう。スペックや性能というだけでなく、長く使い続けるとパソコン本体は劣化してきます。

ハードディスクはその性質上寿命が長くありません。高速で様々な情報を処理し、特に大容量のファイルを送受信したりすることが多い方は、ハードディスクに対する負担が大きいと思います。

一般的によくいわれるのは、大体3年から5年ぐらいがハードディスクの寿命だといいます。

こういったことも考慮して、大事なファイルなどは別でバックアップを用意したり、ファイルサーバーなどを置いて管理する方が良いでしょう。複数の端末でデータを保持したり、バックアップをとることによって、データが失われるリスクを分散することができますし、業務などに差し支えるリスクも軽減することができます。






 

カテゴリー:ハードディスク復旧

ハードディスクの寿命はなぜ短いのか?

ハードディスクについて詳しく説明していきましょう。ハードディスクは一般的にはハードディスクやハードディスクドライブ、ハードドライブなどと呼ばれますが、固定ディスクと呼ばれることもあります。

固定ドライブという名の由来は、かつては分解しても簡単に取り外しができない機種のコンピュータが多かったので、内蔵のハードディスクに関しては固定されているものだという認識が強かったため、このように呼ばれていたものだと思われます。

ハードディスクの内部についても少し解説すると、データを読み取ったりする領域や、データを記録する領域、またそういったものを動かすモーター類などがあり、ベアリングやモータ軸などはどうしても摩擦を起こしやすいものですので、劣化が起こりやすくなっています。

最近はすれて摩擦が起きにくいような、流体軸受けといった物が使われていたりもしますが、それでもハードディスクの寿命を長くするというようなところでは限界があります。

パソコンはあまり使わないという方の場合、ハードディスクが劣化してしまい、動かなくなってしまうようなこともありますので、様々なことが要因となってハードディスクに障害が起きるのです。





カテゴリー:ハードディスク復旧

Windows復旧はどこの業者に持っていっても対応可能か?

最近はMacOSが人気を伸ばしていますが、そうはいってもやはり市場のシェアを握っているのはWindowsOSです。

WindowsはMicrosoft社が開発したオペレーティングシステム(OS)です。

若い方はご存知でないかも知れませんが、もともと歴史的には一般ユーザーも視覚的に使いやすいGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)をいち早く採用し、人気を集めていたOSはMacOSでした。しかしMacOSをいつの間にか追い越し、その後市場のシェアトップとなったのがWindowsOSです。

現在ハードディスク復旧業者のそのほとんどが、WindowsOSを基本に考えて料金設定をしています。

WindowsOSのパソコンをご利用の場合は、どこの業者に持っていっても間違いなく、復旧作業の対応をしてくれないということはまずないでしょう。OSごとに特徴やメリットなど色々ありますが、Windowsを使うことのメリットは、何といっても市場のシェアをのほとんどを占めているというだけあって、ソフトウェアやサービスなどでも、Windowsに対応していないということはほとんどありません。ですので、軽度のデータ障害であればご自身でも対処したり、診断できるソフトウェアというのがたくさんあります。

しかし重度の障害の場合や、障害が物理的な障害である場合は、ご自身で対応するのは難しいですので、少しコストがかかったとしても、ハードディスク復旧業者に依頼するようにしましょう。



カテゴリー:ハードディスク復旧

ソフトウェアでの復旧は可能なのか?

多少パソコンに詳しい人なら当たり前に知っていることだと思いますが、ソフトウェアやサービスなどでMacに対応しているということは、当然、Windowsにも対応しています。

ソフトウェアやシステムを開発する企業などでは、最もユーザーの多いOSから基本的に考えていくのです。

Windowsに対応したデータ復旧ソフトというのは沢山あります。

有料のものもありますし、無料のものもあります。

無料のものでもそれなりの機能は備わっていますので、障害の度合いに応じて、必要となるものを選べば良いと思います。

Windowsの場合、何らかのシステム障害が起きた場合に備えて、標準で備わっているツールがあります。

これが回復コンソールというものです。

これは使用中に何か重大なエラーが発生したりした場合にも復旧してくれるツールなのですが、これによって復旧作業をすることも可能ですし、パソコンのことをよく知らないという方は、少し使いづらいかもしれません。闇雲に対処するよりも、やはりハードディスク復旧業者に依頼するほうが確実でしょう。



カテゴリー:ハードディスク復旧

他社で復旧できなかった時におすすめの復旧業者は?

日本データテクノロジーは、他社で復旧に失敗したという案件でも対応してくれるという、心強い業者です。

ハードディスク復旧を業者に依頼したことがある方なら、経験したことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、どうしても復旧が必要な場合に、業者に持ち込んでみたが、復旧ができないといわれ、仕方なく諦めたという方もいらっしゃいます。 

そういった、別の業者に持ち込んで対応できなかった案件に対応してくれるというのが、日本データテクノロジーです。
HDD復旧業者はhttp://xn--hdd-ht3fp9y.net/のサイトでもたくさん紹介されています。比較しているHDD復旧業者の数では恐らく最も多いのではないかと思います。

沢山の案件をこなしていますが、別の業者に持ち込んで失敗したという案件が1000件ぐらいはあり、近年実績をどんどん伸ばしている会社でもあります。

最近ではよりプライバシーや個人情報の扱いに配慮して、プライバシーマークやISOを取得し、信頼度を高める企業努力をしています。

日本データテクノロジーの提供するサービスとして、「3分簡単自己診断」というものがあります。

これは自社のホームページで行っており、時間をかけずに症状の確認ができるという便利なものです。

少しパソコンについて詳しい方は、障害が起こった際にも業者などに依頼せずに、どうにか自分で対応したいと考える方もいらっしゃるかと思いますが、安易に対応を考えてしまうと、失敗してしまうケースも後を絶ちません。特にこういった障害に関しては、豊富な知識がないと切り分けが難しいです。

重要なデータなどを扱う場合は、もしかしたら復旧できたかもしれないデータも、自分で下手に触ってしまったことによって、復旧が不可能になってしまうこともありますので、十分に気をつけてください。日本データテクノロジーのサービス料金は非常に良心的です。

はじめに相談したい場合の電話サポートなども無料ですし、初期調査になりますと料金は30,000円となっていますが、ホームページからの依頼の場合は無料です。

障害の度合いや、メディアの容量、また復旧作業にかかる手間などを考慮して料金が決められていきますが、容量は20GB以下の場合は5000円程度からですし、大容量のもので1TB以上になりますと、100,000円ぐらいからです。

料金の支払いに関してはカード決済にすることもできます。

一度見積もりをとってから、そのあと追加料金がかかるということはありませんので、正式に依頼するときもその後にまた余計に料金がかかってくるのではないかというような、余計な心配はしなくても大丈夫です。





カテゴリー:ハードディスク復旧

  
Copyright © 2009 ハードディスク復旧Q&Aサイト~GUNGI.COM~ . All rights reserved